ウンチク

MCの『商売道具』と言えば!?~意外と知らない!「MCマイク」の持ち方、扱い方~

2016-10-10

MCの『商売道具』と言えば!?~様々なマイクについて~の続きです。

プロの方や、普段マイクを仕事の道具として使っている方々やマイクに慣れてる方には、自然にできること。
ですが、初めて司会を任された!突然マイクを渡された!というときに、意外と思い通りにならないのがマイクです。
そんなMCのマイクに関するトラブルでよく起こる以下の2つのこと。

「なぜ、自分がしゃべると〈ボワ~~~~ン〉とか〈キーーーン〉という音が鳴るの?」【ハウリング】
「さっき、あの人がしゃべってるときはよく聞こえたのに、自分がしゃべると声が小さい!」【声がのらない】

以上の2つについて順に説明していきます。

ハウリングとは?

ハウリングとは、誰でも一度はイベント会場で経験したことがあると思いますが、ボワ~~~~ンというような、低音で振動を伴うような音やキーーーンという高音で耳を付くような不快な音がスピーカーから発せされてしまう現象です。

何が起こっているかと言うと、スピーカーから発生された音を、マイクが拾ってしまい、スピーカーからその音がでて、さらにマイクが拾い。。。
ということが延々繰り返し行われてしまうというわけです。

その為「まわる」なんて言ったりすることもあります。『あのへん近づくとまわるから、立ち位置変えよう』などです。

基本的に事前にPA(音響)担当者でそういったことが起きないようにスピーカーの設置位置や機材の調整を行い可能な限り起きないようにしてあります。
ただし、演者側も特に注意する必要があります。
現象からもわかるように、スピーカーの近くにマイクがあると当然起こりやすくなってしまいますので、マイクをONの状態で不用意にスピーカーに近づかないようにしましょう。

マイクの扱い方によるハウリング
ハンドマイク(無線)

マイクとスピーカーの位置以外にも、マイクの扱い方でハウリングを起こしてしまうことが稀にあります。
まず一般的なマイクは、左の画像のように上の金属メッシュ部分(グリル)と持ち手の部分に分かれています。
正しい持ち方は、
・グリルを手で覆わないこと。 ・持ち手部分だけを握ること。
よく、持ち手部分とグリルのつなぎ目あたりを手で覆うと、ハウリングが起こりやすくなります。
余談ですが、よく歌手の方がパフォーマンスでグリルを握ってかっこよく歌ってるのを見ます。
私たちの司会の行為とは違うものだと思ってもらったほうがいいです。

声をマイクに乗せる

MCが一般的に使うマイクの多くは「単一指向性」と言われるマイクがほとんどです。その名の通り、音を一方向からしか拾いません。
これは周囲の雑音まで拾ってしまわないための機能なのですが、逆に言えばその方向と違う方向から喋っても音が拾いにくいということです。
これがマイクを通したときに、プロのMCの声は良く通るのに、素人の方だとマイクを通しても何故か聞き取りにくいなどの原因のひとつです。
※もちろんそれ以上に発声の仕方や聞き取りやすい喋り方などのスキルの部分が大きいですが。

「声をマイクに乗せる」という表現をよく使いますが、そのために上記のようにマイクの構造をよく理解する必要があります。
基本的にグリルのちょうど真ん中から直線的に垂直方向にマイクの指向は向いているので、グリルの中心に声を当てる感じでしゃべってください。
もちろんメーカーなどにより若干の違いがあるので、リハの際にしっかりとチェックをしておくのも忘れないようにしましょう。

あとは、自分の声の大きさやパフォーマンスに合わせて、マイクを遠ざけたり近づけたり調整しながら進行していくと、いつの間にか意識しなくても自然にマイクを使えるようになっていきます。




執筆:吉谷まさみ

MCの『商売道具』と言えば!?~様々なマイクについて~

2016-07-18

MCの『商売道具』と言えば皆さん何を思い浮かべますでしょうか?

身一つでイベントを仕切るMCですが、実はいろいろと小物を沢山携帯していることを前回のMCさんのカバンには何が入ってるの??でご紹介しました。

で、意外と忘れがちで、でも一番重要なものそれがそう、マイクなんです!
どんな会場であっても、マイクがあるところがMCの居場所。まず、マイクを探します。

マイクって重要??

けっこう周りからは、マイクの存在というものは、「用意してあったらいい」程度で、あまり重要視されません。
もちろん、居場所が固定でない場合もありますが、MCとして行ったならば、とにかくマイクを確認しないことには話になりません。
私たちMCにとっては実際にイベントが始まれば、無くては困る商売道具なんです。

イベントによって、使うマイクの種類や本数、マイクの使い方、マイクを持って行動出来る範囲など、事前のマイクチェックも含めて考えることが意外とあるんです。

ということで、今回は「マイク」についてお話しますね。
マイクの種類はいろいろありますが、よく使うものをいくつかピックアップしました。

様々なマイクの種類(有線と無線の違い)
ハンドマイク(有線)
ハンドマイク(有線)

マイクと言えばこのマイクをイメージする人が多いと思います。別名ワイヤードマイクと言われるその名の通りコードが付いたマイクです。基本的にミキサーにコードを接続するだけでよく、セットアップが簡単で最もポピュラーなマイクと言えます。
また、次に紹介するワイヤレスマイクに比べて同クラスのモデルであれば価格も安く、さらに音質の劣化も少ないため音質も良い傾向にあります。
デメリットは当然コードがあるため、行動範囲がコードの長さまでに制限されます。仮に長いコードを用いてもコードを捌いたり取り回しに不便があります。

ハンドマイク(無線)
ハンドマイク(無線)

先のワイヤード(有線)マイクに対して、無線で通信するタイプのハンドマイクで、通称ワイヤレスマイク。文字通りコードがないため、ワイヤード(有線)マイクと違い、動き回りやすくコードの取り回しも気にする必要がありません。
そして、ずばりメリットデメリットはワイヤード(有線)マイクと反対の関係にあります。音質はやはり同クラスのワイヤード(有線)マイクよりは落ちる傾向にありますが、価格は高価で、かつマイク単体では使用できず、レシーバー(受信機)が必要のためトータルではさらに費用が上がります。
また、通信するチャンネル数に限りがあるため同時使用には本数制限があり、またチャンネルが正しく設定されていないと混信(チャンネルの重複による通信の不具合)が起きてしまうなど、セットアップは少し知識が必要です。

このように、ワイヤード(有線)かワイヤレス(無線)にするかは、都度都度イベントの流れや状況に応じて、ベストなものを選択する必要があります。

ヘッドセットマイク
ヘッドセットマイク

ワイヤレスマイクの種類の一つで、頭に装着して行うタイプでその形状からインカムマイクとも呼ばれます。
※イベント会場ではインカム(トランシーバー)が、スタッフ間の連絡用に使われます。なので「インカムマイク」という表現はことイベント現場では特に誤解を生じやすいので、あまり使わないほうが良いと個人的に思っています。
※実際に、両手がフリーのほうが良さそうな現場で「インカムマイクあったら使いたいのですが?」と伝えるとトランシーバー(インカム)を渡される(笑)ということが稀にあります。

最大の利点は両手がフリーに使えることで、さらにしっかりと頭にフィットする形状のものであれば、激しい動きにも耐えられ、MCが動きまわるような現場では重宝します。
反面、あまりきつすぎると頭が痛くなってしまったりヘアスタイルが崩れてしまうことも多々ありますが、ゆるすぎるとずり落ちてしまいます。
その為、人によっては会場の機器がフィットしなかった場合に備え、自分にあったベストな形状のものを常に携帯していたりすることもあります。

ピンマイク
ピンマイク

ヘッドセットマイクと基本的な仕組みは同じで、集音部分が小型になっているため、襟や胸元に付けられるものです。TV撮影などの場合には良く使われます。
ヘッドセットマイクと違い、取り付けた際にも邪魔にならず、見た目の印象もスマートで遠目からだとつけていることさえわからないくらいです。 ただ、集音部分と口元の距離がヘッドセットマイクやハンドマイクよりもかなりはなれているため、ボリュームを非常に上げる必要があるため、ハウジング対策は必須ですし、屋外イベントで風が強い時や、パチンコ店など騒がしい現場では、物理的に使用に耐えられないため、意外とイベント現場では使われません。

キャンペーンMCに適したマイクセットアップ
アンプスピーカー・レシーバー一体型ワイヤレスマイク
image011

ワイヤレス(無線)マイクとスピーカーのセットで、イベント現場では一番良く見るスタイルです。価格も比較的安価です。
ワイヤレスマイクのレシーバー(受信機)部分がスピーカーに内蔵されているため、セットアップが難しいというワイヤレスマイクのデメリットを補っています。
また、スピーカーも小型化されているので、持ち運びもできることから、複数ポイントでのPR時に非常に活躍します。
ただし、どうしても簡易的な音響であるため、音質も決して良いとは言えず、出力も弱くため、大勢のお客様を対象とするような現場ではパワー不足ですので、その点判断する必要があります。

腰巻きスピーカーマイク
腰巻きスピーカーマイク

ヘッドセットマイクに腰で巻くタイプの小型スピーカーが繋がれたもので、家電量販店の実演販売などでよく見られます。
先に紹介したセットよりもさらにコンパクトにまとめられたものですので、あくまでも極少人数での現場でのみ使われますが、利便性は抜群です。
イベントの規模を適切に判断して用いれば、威力を発揮します。 また私個人的に『ドラえもんマイク』なんて呼んでいたこともありました(笑)

拡声器
拡声器

通称「トラメガ(トランジスタメガホン)」の名前の通り、メガホンの形をした、マイクとスピーカーが一体化されたもので、なんといっても選挙の場面ではよく使われます。
腰巻きスピーカーマイク同様、動き回りながらしゃべる向けの製品ですが、意外と知られていない使い方で、これに有線マイクを接続して一時的にスピーカーとして使える機器もあります。




執筆:吉谷まさみ

披露宴では絶対禁止!忌み言葉について

2011-02-16

忌み言葉とは??

忌み言葉は、平たく言ってしまえば「その場に相応しくない不吉な言葉」です。 主賓者様や関係者の方に失礼になり、イベント全体の雰囲気も悪化しかねません。 よく受験生の前で「滑る」や「落ちる」と言ってはいけないというのはまさに忌み言葉です。 特に、結婚披露宴やセレモニーなど、おめでたいイベントでは絶対に避けたいトラブルです。 経験豊富な司会・MCでも特に注意していますが、気にしだすと無限ともいえるほど存在するのが忌み言葉です。 代表的な忌み言葉を紹介していきますので、覚えておくとイベント参加時に便利です。

不吉な表現(絶対に避けたい)

結婚披露宴やセレモニーでは絶対避けたい言葉です。言ってしまっては司会・MCでも繕うことも難しい忌み言葉ですので、細心の注意が必要です。

  • 死ぬ
  • 壊れる
  • 別れる、分かれる
  • 切る
  • 壊れる
  • 離れる
重ね言葉や繰り返しを連想させる言葉(注意しましょう)

結婚や入社、役職就任などのイベントはできれば繰り返したくないですよね?このように重ね言葉や繰り返しを連想させる言葉も避けるべきです。

  • 再び
  • もう一度
  • 重ねて
  • わざわざ
  • もともと
  • 次々
同音異義語(注意しましょう)

日本語は難しいもので、同じ読みでもイントネーションや書き方が違うだけで、意味を使い分けます。スピーチされる方は、そんなつもりは無いのに、知らず知らず忌み言葉を使ってしまう例です。

  • 秋・・・・・・・「飽き」や「空き」と同じ読みです。
  • 行く・・・・・・「逝く」と同じ読みです。
  • 猿、申・・・・「去る」と同じ読みです。

このように忌み言葉には、注意していないとポロリと出てしまい易い、ドキッとする言葉も多くあったのではないでしょうか?司会・MCとして多くの実績があれば、代替の言い回しや回避法などをマスターしていますが、皆さんも結婚式、披露宴、セレモニーなどの際は注意しましょう。

イベントのプロ!司会・MCはここを見る

2011-02-03

イベントのプロ!司会・MCはここを見る

イベント行事は、まったく同じものは二度とないものです。ですので、良いものとそうでないものといった評価は、付けられるものではありません。 しかし、やはり気になるのが、イベントの出来です。 数々のイベント行事を一番身近で見てきている司会・MCはイベントの出来をどこで判断しているのか?? 司会者が注目しているポイントを紹介します。

お披露目系イベントでは拍手に注目!!

結婚披露宴や社内イベントなどでは拍手に注目します。参加者様からの拍手は「楽しい、すばらしいイベントでした。ありがとう!」の現れです。 拍手が盛大に行われることは、イベントや出し物の成功を測ることが出来ます。

拍手はボリュームだけじゃない!?

ここまではよく言われることですね!!ただイベント事には拍手の起きにくいもの、たとえば入社式など式典イベントもあります。 こういったイベントでは、拍手のボリュームではなく、テンポの速さで判断しています。 皆さんも拍手しづらいケースで、感謝の気持ちを表現するのに、知らず知らずにテンポを使っているのではないでしょうか? 参考にしてみてください。

宴会系のイベントではここを見る

結婚式二次会など、お酒の多く入る宴会系のイベントではプロはどこで判断しているのでしょうか?? 実はイベント最中ではなく、イベント後の皆様からの感想で評価しています。 直接の関係者の方からのお褒めの言葉はもちろんですが、特に注目するのがその他参加者の方からの感想です。 お酒の入っているので、参加者の方々は口々に率直な感想を教えてくれます。 友人同士での「今日のイベントのあそこは最高だった!!」や「あの演出は始めてみたな!」などが、イベントの評価になります。 さりげなく聞き耳を立ててみることで、良かった点や悪かった点を聞くことが出来ます。 またうれしいことに直接、主催者に「感謝の気持ち」を言いにきてくれる参加者の方も現れてくれることもあります。 宴会系のイベントでは、イベント終了後の参加者様の意見感想が素直に出ますので、特に注目します。

このように、評価測り方はイベントの特性ごとテクニックは違いはありますが、要は参加者から聞くことです。 イベントの評価をするのは、あくまで参加者の方々です。 参加者様からのメッセージをうまく受け取っていくことで、日々プロの司会・MCはモチベーションを高めて技術を向上させています。

MCって何の略?

2010-08-02

ずばり、マスターオブセレモニー(master of ceremony)の略です。

その名のとおりセレモニー(イベント)のマスター(支配者)であり、やはり司会進行役がイベント全体を掌握しています。

イベントの成功はMCが握っているといっても過言ではありません。

大切なイベントにはプロのMCをつけられることをおすすめします。

タグクラウドで探す

下記のワードをクリックすると、そのワードに関連した記事が表示されます。

MC ウェディング 用語説明

PAGE TOP

MC派遣.net 司会・MCの派遣出張

0120-961-073 080-3673-0417